医師の過酷な現状を改善するためには?

特定看護師の存在は災害の多い日本では必要不可欠であり、医師の過酷な労働を改善させる方法として動きはじめたようです。特定看護師は、薬の処方・縫合・検査など医師の一部の仕事を行うことができる人です。特定看護師の導入にいたった背景には医師不足があります。

日本の医療業界はいつも多忙のイメージ。元々日本は働き過ぎの人間が多いのだ。ブラックブラックと騒がれているご時世だが、病院勤務にブラックは当たり前と言う看護師に同業者は皆頷くのだ。医歯薬資格は就職に有利な資格だが、求められ過ぎて過労で潰れてしまう人もいる。研修医はうつになってしまう人も多いし、燃え尽き症候群になってしまう人もいる。日本の医療技術が世界に決して遅れを取っていないのは、そんな人達の過労の賜物であると言っても良い。勤勉家で働き者である日本人が世界に遅れを取るなんてありえないのだ。

ただもう少し勤務形態を軽く出来る対策はないかと思う。長い休暇が与えられる制度があれば、ますます医歯薬資格に興味を持つ人が増えると思うのだ。人の命を救いたいと言う想いだけでは医療の世界は繁栄しない。人間はロボットではないのだ。日本の医歯薬界がより良く働きやすい環境に整えるためにも人手不足を解消しなければならない。今まで医師不足解消のために育児中の女性医師の支援、医師と看護師などによる業務分担の実施、医師の無料職業相談などの対策を取って来たらしいがそれぞれ完全な支援に至っていない。業務分担の実施は周りが何処まで医師の診療業務に踏み込んで良いものか、境界線がはっきりしていない。これには慎重に対処する必要がある。また、子供を育てる女性医師にとって働ける職場の条件がニーズに合わないと言う意見がほとんどだと言う。日本の医療機関にはまだまだ労働に関する問題が山積みである。

現在行われている医師との業務分担は、例えば注射・点滴・採血は大学病院では医師が行うが民間病院では看護師が行います。正看護師・准看護師・非常勤・常勤関係なくほぼ分担されています。さらに、問診についても外来の診察を待つあいだに看護師が行っています。

参照URL:http://www.court-circuit-cafe.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website