結婚しても強い資格は医療系の資格です

結婚して出産・育児を経て仕事復帰する時、女性にとって有利な資格はやはり看護師ではないだろうか。独身の頃より多少条件が悪くなるかもしれないが、育児中の女性ならば夜勤なしのクリニックでパートとして働く事も可能である。他の仕事のパートよりも良いお金が貰えるのではないだろうか。

母親が看護師をやっていると言う友人が居るが、家庭を持ってもやはりバリバリと働き、何らかの試験があるので勉強で忙しいと言う話を聞いた事がある。看護師は一度資格を取得してしまえばそれで安心と言う訳ではなく、キャリアを重ねて行く程学ぶ事も増えて行くそうだ。患者の世話をしながら医師に従い、尚スキルアップのために勉強をし続けるなんて凄い仕事だと感心した事があった。

医歯薬系の仕事は特に女性にとって強い味方になるものが多い。薬剤師を目指していた友人の母親もやはり看護師をしていた。結婚しても食いっぱぐれない、再就職に強い医歯薬なのでお薦めである。

そういえば幼い頃のわたしの夢も看護師だったのだ。何故その夢をもっと大切に諦めずに取って置かなかったのか?今更嘆いても遅いが。それにしても結婚によって社会で損をするのは女性が多い様な気がするのは何故だろうか・・・男性は結婚しても変わらないのに、女性は家庭を持つだけで仕事と家と両方の事が負担に感じられる場合がある。医師不足が深刻化している今日だからこそ、産休後の女医にとって働きやすい環境を整えるべきだ。

医師不足を解消するために、看護師の仕事の幅を広げて何とかしようと特定看護師が生まれているそうです。スキルを向上させたい人や特別な仕事に就きたい看護師もいると思う。救命救急看護師をイメージしたが、救命救急看護師は縫合しないと聞いてちょっとガッカリしました。特定看護師は救命救急看護師よりも技術があるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website