助産師は医師の代わりを務めます

産婦人科で働く看護師の仕事は、主に医師や助産師の補助になります。やはり産婦人科ですから新しい命の誕生の場面に立ち会えるということが働く上でのひとつの魅力なのではないでしょうか。お産で赤ちゃんを取り上げるのは助産師です。お産は男性医師だけではできない法律の定めがあります。ご存知でしたか?助産師は看護師資格をともに持ち合わせている、いわゆる看護師の中でも上級者。助産師は、保育器に入ってからのケアや、お母さんに対しての沐浴指導や退院指導など、本当に補助的なものだったり事務的なものだったりと勘違いしている人は多い。

産婦人科で看護師の求人が出るのは大体がクリニックなど個人医院です。今は少子化で総合病院でも産婦人科の科自体がなくなってきているし、総合病院など大きな病院だとそこで勤務する看護師の中で異動があるので、その中でまかなうため中々求人は出ません。出産をする妊婦も、どこの病院で出産するかは意見が分かれます。総合病院では様々な科が揃っているので何かあったときに迅速な対応をしてもらえるというメリットがある一方、やはりあくまで総合病院なので産婦人科自体に個性がなく、妊婦自身が思う理想のケアをしてもらえなかったりします。その点クリニックだと、妊婦がリラックス出来るように部屋が綺麗だったり専門的なケアもじっくりしてもらえたりと設備が整っているところも多いので、そこに着目する人もいます。よりお産に関わりたいと思う人であればやはり専門的な、個性のあるクリニックでしっかりと向き合って働く方が充実した経験も出来るのかもしれません。

そんな産婦人科の花形は、助産師です。機会があれば自分で助産院を開業することができるのです。難産が予想される際は協力病院と連携し対処します。また災害時は、公民館や町の診療所で出産を余儀なくされますが、助産師はどこに行ってもお産に立ち会うことができます。男性の産婦人科医にはできないことなのです。助産師はすばらしい職業です。

助産師は、最近話題の特定看護師を目指すことも可能だそうです。医師に代わって医療行為を行う職業。お産のことを考えるとごく納得のいく役回りだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website